体 験 談
目次
       母の不整脈が治った 喜び・・・!!

 満81歳になる私の母に、人間ドックの検査結果、心臓の再検査が必要との通知が来ました。 
それから、数日後、毎日のように寝汗を掻くので、自分でおかしいと思ったらしく、かかりつけの医者に行き血液検査や心電図を撮ってもらったら、「やはり、不整脈が出てあまり良くありません。
 他の検査結果が出たら、その時に検討して対処しましょうね。」と言われたそうで家でもすっかり肩を落としている母を見ていると、どうも切なくてたまりませんでした。私は何とかしてあげたいとあれこれ考えていました。その時、天之宮の先生を思い出したのです。 
 先生にお願いしなくてはと、先生に母の身体の状態をお話しました。先生は「浄めてみます。  セサミンという健康食品を買って飲ませて下さい。」そのようにおっしゃられたので、これで  母は、絶対良くなると私自身確信しました。翌朝、母が起きてきたので、早速、寝汗を掻いたかどうか聞いてみたところ、全然、寝汗を掻くどころか、逆にぐっすり気持ち良く寝れたとのことでした。次の日も、また次の日も聞いてみましたが、やはり同じ返答です。
 お浄めをしていただいてからというもの調子が良く、それからは、寝汗を掻くこともなく、ぐっすり眠れる毎日のようです。母を助けていただきまして、本当に有難う御座いました。先生の力のお蔭と 母も喜んでいます。私も安心しました。  感謝申し上げます。
                 (南陽市 仮名 武田奈緒子)
        =除霊により身体が調子良くなりました=                                

 仕事を終え、帰宅中、ある店に寄った時の事です。用件を済ませその店を出た私は妙に身体全体が寒くなり、特に肩から背中にかけてが一番ひどくサワサワとして、ものすごく気持ちが悪い感じがしてきたのです。
 急に変だ、おかしいと思いつつも、風邪をひいているわけでもないし、頭痛がするわけでもないので、その後、スーパーで買い物をしていたら立っているのもやっとになり、その場に座り込みたい気分になったのです。
 慌てて、これは買い物どころではないと思い急いで家に帰りました。だるいわけではないので、夕飯の支度をし食欲も普通にあったのですが、身体の変な感じはそのままでとれず、両足のふくらはぎあたりもサワサワとして、夏だというのに全く暑さが感じられなくなっていました。これは絶対におかしいと思った私は、すぐ天之宮の先生にお浄めをお願いして少し様子を見る事にしました。
 翌朝、お浄めによりすっきりとし、普通よりも身体が軽やかになり、あのサワサワとした感じは何処へやら? お陰様でいつもより身体が調子良くなりました。いつも天之宮の先生を頼りにさせていただいております。今までも数多く助けて頂きました。また、これからも宜しくお願いします。どうもありがとうございました。         
                (宮城 仮名 藤田啓子)
         感動!☆急性骨髄性白血病の治癒☆
 
 私の甥は、現在19歳です。高校時代は、部活動や学業に頑張る活発な子でした。それが突然体調不良を訴えはじめ、歯ぐきの出血や微熱が続き、受診した時は大学病院での緊急入院を余儀なくされ治療がはじまりました。
 病名は【急性骨髄性白血病】両親はもちろん、私達親族もショックで何がなんだか解らない状態で、すぐに抗がん剤の投与がおこなわれ、それからは先が見えない病気との闘いがはじまったのです。私に出来る事は何だろうと考えた時、すぐに天之宮の先生が頭に浮かび、縋るおもいで、お浄めをお願い致しました。
 それからは日々、先生に御力を頂きながら治療を受ける中、多大なるリスクを背負う、骨髄移植を勧める病院側の主治医に不安を抱いた私は、先生にご相談しました。回答は「移植はしなくてもだいじょうぶですよ」という先生のお言葉で、勇気づけられ、科学治療に専念する事を姉夫婦共々決心致しました。
 そして、初夏、治療を終えた甥は、無事に退院する事ができました。入院中の辛く苦しんでいる時も、お浄めによってその都度良い状態に導かれました。病院側でも「あれ?」と不思議に思ったに違いありません。本当に、こんなに早く退院出来るなんて・・感激しております。
 先生には退院に至るまでの間、言葉では言い尽くせない位の御尽力を頂き、心より感謝致しております。有難う御座いました。                     
                  (東京 仮名 町田道子)