体 験 談
目次
     豹変する夫の変化について 

 夫婦間の事で思い悩み、誰にも相談できず、困っていた頃を、今となっては懐かしく思います。あの時期は、毎日が疲れ果て、イライラし、子供にも辛い想いをさせてしまったようです。私にとって、夫は、気味の悪い、行動が読めない存在と言っても過言ではなかったのです。 夫の行動に問題がありました。
 日中は、普通だと思うのですが、夜になると豹変します。特に、夫の目については、すごく気になって仕方がなかったのです。昼は、優しい目で人を見ますが、夜になると、これが一変し、獣の目に変わってしまうのです。夜、近所を徘徊して歩く、家の鍵全部を閉めてある状態で、私の隣に座っていたと思ったら、数十秒後くらいには、いつの間にか外に居て、家のインターホンを押すのです。玄関に出てみると、そこには、夫が、ニヤリと笑って「ニャー」と獣の目で笑っているのでした。まるで、何かに憑かれているような行動とゾッとする目。
 さすがに、私は自分の夫でありながら、怖くて、怖くて、神経がピリピリしていました。次の行動は?とハラハラ、ドキドキの連続で、このまま続けば、私の精神状態も危うい! 私は、何処に相談すればいいのだろう、そう思っていた時、偶然、天之宮を知りました。 
 そして、天之宮先生に、ご相談し、お浄めをしていただいた後の夫は?というと、「なんて、肩が楽なんだ、昨日までは、肩がズッシリと重たかったのに。すぅ〜と楽になったんだ。どうしてだろう?」と訳が分からない様子でした。先生、曰く、夫は、動物霊が入りやすいとか!・・。獣の目になっている意味がこれで分かりました。 とにかく、夫の行動が一段落しました事に安堵しております。
 ご縁あり、天之宮を訪れた事に感謝している毎日です。先生、ありがとうございます。
                   (山形市 仮名 原田千佳子)
       ♪ 乳腺症が治ったんだよー♪       

 昨年の夏頃の話です。私は、右の乳房が痛むようになり、それでも、別に気にせず、痛みもそのまま放置し、そのうち治るであろうと安易に考えていたのでした。何だか変だなぁと思った時には、右胸にしこりが!!できていたのです。とっさに、乳癌かも!?と恐ろしくなりました。
 しこりは、結構、大きくなっていて、痛みも、尋常ではありません。私は、事の重大さに足がすくむばかりで、なかなか病院へ行く勇気もなく、ただ一人、悩み、孤独を感じました。 色々と考えているうちに、こうしてる間にも、癌が進行してたら大変だ、まだ、私は若いのに!こうしてはいられない!と勇気を出して、おそるおそる病院へ行ってみました。 病院での検査の結果は、癌ではなく、乳腺症だったのです。薬で、痛みをコントロールしながら自然に治して行くとの話でした。
 「治るまでは、しばらくかかります。1年くらい・・。」医師から、そのように言われました。想像していた癌ではなかったので、安心はしたものの、何となく、気持ちが、すっきりせず、いつも、その事が頭から離れません。 それを、たまたま、私は、知人に話をしたら、天之宮先生の話をしてくれたのでした。私も先々が、心配だったし、是非、私も助けていただきたいと、すぐ、天之宮先生を紹介してもらい、先生に事情を説明し、ご相談に乗っていただきました。
  私は、山形県に住んでいませんので、どうしたらいいのか問うと、「家の写真、自分の写真を送って下さい」という事でした。言われたとおりに、天之宮に送り、お浄めをして頂いたのです。 遠くても大丈夫かな?と不安はありましたが、先生にお願いしてから、痛みが、だんだん和らいで行くのが本当に分かったのです。しこりも硬く大きめになってしまっていたのが、日に日に小さくなって行き、気にならなくなっていました。
 なんて、不思議なんだろう、遠くても大丈夫なんだ。すごーいとその時、思いました。私はというと、何もせず、ただ、普通に毎日を過ごしていただけなのに、3〜4ヶ月という月日で、きちっと完全に治ったではありませんか!その間、もちろん、病院には行く必要もありませんでした。お浄めをしていただいてからというもの、胸の痛みも全然ありません。あの硬いしこりが、薬も飲まず、メスを入れる事もなく、完全に無くなっているのには、本当に驚いています。
 私は、先生に出逢えた事に喜びを感じます。治って、ホントにホントに良かったです。 何かあった場合には、また先生を頼ります。知人の話のとおり、先生の力は本当に凄いと思いました。先生、これから、もどうぞ宜しくお願いします。 助けていただきました事、本当に感謝しております。有難うございました。                                              (八王子市 仮名 杉浦真美)